So-net無料ブログ作成



あの人と出会ったワケ…知りたくありませんか?メール個別鑑定~幸福の軌跡~
どんだけ、スクープする? ブログトップ

ミラーレス一眼レフ?キャノンさぁん、使いやすいんだろーねぇ??? [どんだけ、スクープする?]

でも

その時、そのレンズなら!





ミラーレス一眼カメラ、EOS Mシリーズの新モデルとなる、EOS M10が、キヤノンから登場。

ボディ単体、EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMを、同梱する、EF-M15-45 IS STMレンズキット、EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMと、EF-M22mm F2 STMを、同梱するダブルレンズキット、EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMと、EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMを、同梱するダブルズームキットをラインアップ。

シンプルで分かりやすい操作性を実現。

初めてレンズ交換式カメラを使用するユーザーやスマートフォン撮影からのステップアップユーザーに適しているミラーレス一眼カメラである。

映像素子にAPS-Cサイズの約1800万画素CMOSセンサーを、仕様面で装備した。

さらに、CMOSセンサーが捉えた光の情報を高速で処理する映像エンジンDIGIC 6を搭載。

ISO12800となる、高感度撮影や、AF固定時最高約4.6コマ/秒の連続撮影、マルチショットノイズ低減機能などに対応するもよう。

ボディ背面に、上方向に約180度可動する、約104万ドットのチルト式液晶モニターを装備。

ライブビューでピントや設定を調整・確認しながら、自分撮りを行う場合も、撮影できる。

さらに、タッチパネルによる直感的な操作によって、クリエイティブアシスト、背景ボケや明るさといった撮影効果を設定できる機能を備えており、初めてレンズ交換式カメラを使用するユーザーでも、撮影意図に沿った撮影設定を簡単に行えるという。

機能面で、Wi-Fi対応の無線LAN機能を内蔵している。

専用アプリの、Camera Connectを、インストールしたスマートフォン/タブレットで画像を閲覧できるほか、リモート撮影も可能だ。

Wi-Fi対応プリンターを使ったプリントアウトや、カメラ同士でのデータ交換もできる。

NFC機能も搭載したもの。

また、動画撮影はフルHDに対応。記録メディアは、SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I 対応)をサポート。

バッテリーパック、LP-E12を使用し、撮影可能枚数の目安は約255枚、常温時/約210枚、低温時。

本体サイズは108(幅)×66.6(高さ)×35(奥行)mm、重量、バッテリーパックとカード含み、約301g。

ボディカラーは、ホワイト、グレー、ブラックの3色を用意している。

ユーザーの好みに合わせて、カスタマイズできるという、フェイスジャケット、7色や、グリップも、2色などの別売りアクセサリーもあわせて提供するようである。





何!?

デジ一で撮影したのを、携帯で再生出来んの???

やるねぇ!

俺が

遅れてんの?

ガラケーですが・・・・・何か?

ちと、改めて自分が持ってるアイテム

見直してみます。







4Kの手振れ補正、ビデオカメラ。  ランナー撮れる!? Osmo(オズモ)発表 [どんだけ、スクープする?]

魅力か?





10月中旬より、DJIが、手ぶれ補正機能を搭載した、一体型手持ち4KカメラのOsmo[オズモ]を発表した。

store.dji.comで先行予約を、受け付けし、出荷をするもよう。


http://www.dji.com/ja/info/releases/dji-4k-osmo




手ぶれや振動を、3軸ジンバル映像安定化技術を採用で、抑え、手軽に映画のようにスムーズな映像を、撮影できるビデオカメラである。

グリップには、撮影アングルや写真撮影、ビデオ撮影をスムーズに切り替えられるコントローラーを配置するほか、ステレオマイクも内蔵し、仕様面では、1/2.3型センサーと開口角94度のレンズを搭載。

4K動画と1200万画素の静止画撮影に対応するうえ、機能面では、カメラが360度自動的に回転し、連続して撮影した複数の写真をパノラマ画像にする「パノラマ撮影」、鮮明な長時間露光の撮影を実現する。

長時間露光の撮影、1080p/120fpsに対応した、スローモーション撮影などの利用が可能である。

さらに、さまざまなマウントやエクステンションも用意し、スマートフォンホルダーに加えて、別売アクセサリーの三脚やバイクマウント、延長アームなども提供するもよう。

このほか、DJIのZenmuseシリーズと互換性があり、すでにInspire 1を所有している、Zenmuse X3、 Zenmuse X5、または、Zenmuse X5 Rユーザーは、グリップだけでの購入も可能だという。

直販価格   :  税込85,000円。











監督に成れるぞ!?


グリップが、ミソのようだが


そのカメラ用で作られたんだろーし。


マイクは、別で、欲しい気がする。


でも


だいぶ前に、こんなん買って、使ってねーのも


あるよーな・・・・・?


















デジタル1眼レフ、α7Sシリーズ、新型 来るぞう! ソニーさん、 IIを・・・発売? [どんだけ、スクープする?]

分かる!

追っかけてもね。





ソニーは、ミラーレス一眼カメラ、α7シリーズの新モデルとして、α7S IIを10月16日より発売する。



有効約1220万画素35mmフルサイズExmor CMOSイメージセンサーと画像処理エンジン、BIONZ X(ビオンズ エックス)を装備したレンズ交換式カメラである。

暗所から明るい場所まで、全感度域、常用ISO100~102400、拡張50~409600で、広いダイナミックレンジを実現。

また、イメージセンサーの性能を最大限に引き出すために進化した画像処理アルゴリズムを搭載している。

すべての感度域でディテールの描写力が、静止画・動画ともに、向上した。

特に、中感度から高感度域では、ディテールをしっかり残したままノイズを抑制する。

さらに、新しく14ビット非圧縮RAWフォーマットに対応、現行機種のα7Sから搭載しているRAWフォーマットと合わせて、用途に応じて選択することが可能。

そして、α7R IIや、α7 IIと同様に、光学式5軸手ブレ補正機能を搭載。

望遠レンズ装着時に起こりやすい角度ブレ、ピッチ/ヨー、マクロ撮影時など撮影倍率が大きくなるに従ってあらわれるシフトブレ、X軸/Y軸、夜景撮影時や動画撮影時などに目立つ回転ブレ、ロールなど、さまざまなブレを5軸で検出して補正するという。

フルサイズ領域で全画素読み出しによる4K、QFHD:3840×2160ドット動画の、本体内記録機能に、動画機能で対応している。

また、フルHD撮影時、24p/30p設定時にも画素加算のない全画素読み出しが可能で、フルHD、1920×1080ドットに、必要な画素数の約5倍の情報量を凝縮して映像を出力し、高画質なフルHD画質を実現。

記録フォーマットは、業務用映像制作に使用されているXAVCを民生用途に拡張したXAVC Sをサポート。

さらに、ピクチャープロファイルのガンマ設定は、S-Log2に加えて、シャドウからミッドトーン、18%グレーにかけての階調特性を重視したS-Log3を搭載した。

フルHD映像での120fps記録機能も備え、本体内で30p/24p記録を選択することで、4倍/5倍のスローモーション動画記録も可能。

加えて、25点あるAF枠のうちの、中央9点をさらに細分化して、合計169点のAF枠を配置。

中央のAFエリア内は被写体に合わせて緻密に測距できるため、検出精度が大幅に向上し、高精度なオートフォーカスが可能だ。

また、肉眼での確認が難しい暗所でも、イメージセンサーの高感度性能によって、EV-4の低照度環境下でも高速に合焦できるため、スムーズで精度の高いフォーカシングを実現。

動画撮影時は、現行機種比で2倍の高速オートフォーカスが可能で、このほか、Wi-Fi機能とNFC機能を搭載している。

約236万ドットで倍率約0.78倍の電子式ビューファインダー、XGA OLED Tru-Finderを備える。

液晶モニターは、チルト式で約123万ドットの3型液晶。

本体サイズは126.9(幅)×95.7(高さ)×60.3(奥行)mm。

重量は約627g、バッテリーとメモリースティックPROデュオを含む。

本体のみは、約584g。

市場想定価格は税別420,000円前後。













コイツぁ

良いね!

デジ1

もう1台

欲しいと思ってたんだよなぁ。

来月まで、待とうか?

ん!

現行のα7Sが、安いなんて事は・・・?

ちと

探してみっかな?















水深14m対応の、デジカメ?  タフだね。 [どんだけ、スクープする?]

このスペックで、ラフに扱えるのは。






防水、耐落下衝撃性能を強化したコンパクトデジタルカメラ、RICOH WG-40と、Wi-Fi対応モデルとなる、RICOH WG-40Wを、リコーイメージングが発表した。

どちらも10月23日より発売。

2014年10月に発売した、RICOH WG-30と、2014年12月に発売した、RICOH WG-30Wの、後継機種である。

いずれも、水深14mで連続2時間の水中撮影が可能なIPX8相当の防水性能、ホコリに強いIP6X相当の防塵性能を持つ。

そして、1.6mからの耐落下衝撃性能、マイナス10度でも動作可能な耐寒構造、重量100kgfまでの重さに耐える、耐荷重構造などを備えたタフネスモデルとなっている。

画質面では、撮像素子は、有効約1600万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサーを装備している。

焦点距離5~25mm、35ミリ判換算で約28~140mm相当の、光学5倍ズームに対応しており、被写体に最短1cmまで近づいた近接撮影から広大な風景まで、さまざまな撮影シーンを幅広くカバーすることが出来る。

また、光学ズームと同等の画質を維持したままで画像をさらに拡大し、最大で約36、35ミリ判換算で1008mm相当の、超高倍率撮影を楽しめるインテリジェントズーム機能と、更に、定点観測に便利なインターバル撮影機能なども備えた。

機能面では、上位機と同様の水中撮影モードを新たに採用している。

水中で撮影した実写画像データをもとに、マーメード、マーメードムービーモードでの、色再現やコントラストなどの画像処理を最適化し、水中で失われがちな赤系の色を美しく再現する。

さらに、水中での光の拡散によるコントラスト低下を効果的に補正し、クリアな画像を得られる。

加えて、上位機種に搭載した、マーメード、時のフラッシュ撮影モード、発光禁止+強制発光も、搭載。

このほか、動画機能は1920×1080ドットで30fps、記録形式にH.264を採用したフルHD動画撮影機能を装備している。

手ぶれ補正機能として、電子式手ぶれ補正、高感度ぶれ軽減モード、Movie SR機能と、撮影状況に応じた3種類の手ぶれ軽減機能も、つけ備えた。

背面モニターは、約23万ドット表示で画面比率16:9の2.7型ワイド液晶を標準搭載。

記録メディアは、約68MBの内蔵メモリーに加えて、SD/SDHC/SDXCメモリーカード、Eye-Fiカード、をサポートしている。

Eye-Fi連動機能は、WG-40のみとなる。

電源はリチウムイオンバッテリー、D-LI 92が使用時で、バッテリー寿命が、静止画撮影で約300枚、再生時間約が260分。

また、RICOH WG-40Wは、Wi-Fi機能を内蔵。

スマートフォンからのシャッター操作や、リモート撮影、各種機能設定が行えるすぐれもの。

さらに、撮影した静止画や動画をスマートフォンで閲覧し、保存できるため、SNSなどへ簡単にアップロードすることが可能。

本体サイズは、いずれも、幅122.5×高さ61.5×奥行29.5mm、操作部材、突起部を除く。

重量は、RICOH WG-40が約192gで、RICOH WG-40Wが約172g。

ボディカラーは、RICOH WG-40がブラックとイエローで、RICOH WG-40Wがホワイトとブルーを用意。

市場想定価格は、RICOH WG-40が、3万円台半ばで、RICOH WG-40Wが、3万円台後半であろう。





ガッツリ

俺向き!

やはり

スペックが上がれば。

デリケートになるよな。


そこ!?


そこだよ!そこ!

タフ=雑に使える。

また、ハードな撮影出来れば、これほど良いことぁねーじゃん!

長持ちするって

最強じゃねーかな?












どんだけ、スクープする? ブログトップ

これも書かせて頂いています。
  ↓  ↓  ↓  
原点を知って        本物を手にしてみませんか?
お時間ある時に、 覗いてみてください m(__)m




なにより!スベスベお肌!

朝に、凄くスッキリ!




肌に ふわふわ な、ココナッツオイル





「臭うよ!」と、言えない時は?




ツルツルの肌が最強!



















"


















RSS RSS1.0 | RSS2.0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。