So-net無料ブログ作成
検索選択



あの人と出会ったワケ…知りたくありませんか?メール個別鑑定~幸福の軌跡~
ゴッツ楽しそ!bicycle ブログトップ

150万って、高いのか安いのか?わからん!?Project Oneロードバイクね! [ゴッツ楽しそ!bicycle]

珈琲

最速で買いに行ける?






10月17日のクリテリウム、18日のロードレースとジャパンカップで連勝したトレック ファクトリーレーシング。

そのチームの選手が使用した、ロードバイクの実車をトレック・ジャパンが販売。

販売されるのは、ヤロスラフ・ポポヴィッチと、ローラン・ディディエが、日本のレースで駆った2台だ。

両選手は、10月18日のジャパンカップサイクルロードレース、10月24日のツール・ド・フランスさいたまクリテリウムに出場した。

バイクはトレックのカスタムプログラムである、Project Oneにより、両選手の出身国のカラーをイメージしてデザインされている。

トップチューブに、選手のサインしてくれている。

ポポヴィッチのバイクは、マドン9で、150万4000円の税込み。

ディディエの、エモンダは、152万5000円の税込みだ。






自転車ぁ・・・だよねぇ?

そー言っちゃあいけないの?

ファンにはたまらないのか?

でも

見るだけ見てみてーなぁ?

だいたいレースって何キロ走るの?

しかも、アスリートが駆るわけだから、すげーんだろーけど・・・?


俺の自転車の、パンクそろそろ直そ・・・。









ヤマハの、電動ロードバイクぅ・・・?なんとスマホが!? [ゴッツ楽しそ!bicycle]

すげー!

そんなこと出来んの!?





ヤマハ発動機は、電動アシスト・スポーツ自転車ブランドとなる、YPJワイピージェイを、新たに立ち上げた。

電動アシスト・ロードバイク、YPJ-R ワイピージェイアールを、第一弾として、2015年12月10日より発売すると発表。

新ブランドとなる、YPJは、スポーツ自転車の長所と電動アシスト機能のメリットを融合させた、新感覚の電動アシスト自転車を象徴するというもの。

新発売のロードバイクYPJ-Rは、軽さと高い走行性能を備えたことが特徴。

搭載されているドライブユニットは、プレジャーニーズの高い欧州市場で、好評を得ている小型の、PWシリーズを搭載している。

ヤマハ製の、電動アシスト自転車の中では最軽量となる、約15kgの車体重量を実現。

アシストのない領域でもスポーツ自転車としての快適な走行が可能な設計となっている。

メインコンポーネントには、前2段×後11段の本格スポーツグレードSHIMANO 105を採用。

新開発の小型バッテリーは、走行時以外には付属である、USBアダプターにより、スマートフォンなどの電子機器の充電用電源として使用することができる。

充電器は携行を想定し、コンパクト設計で、ハンドル中央部のスイッチユニットにはマイクロUSBポートを装備しており、別売のとなるライトや、スマートフォンなどの電子機器への給電が可能となっている。

発表されたデータによると、バッテリーの容量は2.4Ahで、約1時間の充電のHIGHモードで、約14kmの走行距離を、電動アシストする可能という。








マジっすか!?

携帯が充電出来んのか!?

やばい、メチャクチャ欲っしいーぞ!

14キロったら、どこまで行ける?

かなり考えるなぁ?

でも、高そうだなぁ・・・?


言っても自転車だぞ!?





欲しいわぁw











ゴッツ楽しそ!bicycle ブログトップ

これも書かせて頂いています。
  ↓  ↓  ↓  
原点を知って        本物を手にしてみませんか?
お時間ある時に、 覗いてみてください m(__)m

スポンサーリンク

























"


















RSS RSS1.0 | RSS2.0