So-net無料ブログ作成
検索選択



あの人と出会ったワケ…知りたくありませんか?メール個別鑑定~幸福の軌跡~
ゴッツ楽しそ!bicycle ブログトップ

日本ブランドのニューモデル!7台あったので、ロードバイクを並べましたよ!!!想い起こしたら「新しいの買ってぇ―!?」とは、言いませんでした。が!今、自転車ほしーです!!日本人が日本人の為に作ったのですから! [ゴッツ楽しそ!bicycle]

私は、


「 自転車に乗れるよーに成る為の練習 」 を、


していません。











「 補助輪 」付きの自転車を、


毎日 ゴリゴリに 乗っていたら、


父が 補助輪 を 外してくれた時に、


すでに 自転車に「 乗れていた 」のです。























 「 今年 2017年モデル ! 」 が、


やはり、 気に成りませんか ???




「 速く走る為に つくられた 自転車 」


「 自分の力だけ 」で、 


「 最も速く移動することができる 乗り物 」が、


「 ロードバイク 」です。


















この「 ロードバイク 」を、  


日本ブランド に 限定して、


よーは 「 自転車 」なのですが、


「 今年 2017年モデル 」を、 


リリースしているメーカーが、


「 7社 」ありました。










ヨーロッパやアメリカ製の、


ブランドも 気に成るかもですが、


今度 でお願いします m(__)m












アルファベット順で、


では !











1台目が、


「 ANCHOR : アンカー RL9 EPSE 」です。




















日本国内最大手である、


自転車総合メーカーの、


「 Bridgestone Cycle : ブリヂストンサイクル 」が、


運営する レーシングブランド であり、


科学的にフレームを研究して、


実走解析を積み重ねながら、


最高峰の自転車を作っています。











ロングライドの乗り心地を、


手ごろに体感できる、


上質で早いカーボンモデル として、


ロングライドフレームの RL9 を、


手頃な価格で実現する、


シマノ・105コンポの、


限定販売モデルとした、


「 RL9 EPSE 」























22段変速を搭載しており、


後々にパーツのアップグレードも、


容易に行え、


クランクにはコンパクトクランクを使用、


脚力が無くても 安心して乗車でき、


小気味良い変速性能を誇りる、


ルックス・剛性とも、


イカシタ自転車に仕上がっています。





















2台目が、


「 ARAYA : アラヤ EXS 」です。
























リム(車輪の骨格を作る部品)の、


トップブランドとして発展した老舗であり、


いま「 日本のスポーツ自転車 」を、


コンセプトとして、


まさに「 自転車 」を 販売していて、


ヨーロッパの 自転車におけるスポーツ文化や、


アメリカ発祥の マウンテンバイク を、


いち早く導入した経歴をも持ち、


日本人にとって乗りやすいバイクを、


提供しています。












この「 EXS 」は、


トラディショナル工法で作られ、


スポルティフ(フランス語で、スポーツを表す)本来の、


美しいフォルムに、 


リア10速コンポーネントなど、


現在の ロードバイク機能をも、


積極的に取り入れ、


キャリア・フェンダーを外すことにより、


ヴィンテージなルックスとなって、


クラシックな雰囲気を、


存分に味わえるロードバイクです。






















デイリーとしても、 


充分に機能するフレーム設計も、


大きなポイントで、


フロントキャリアは、


中空のスチールチューブを、


美しいロウ付けが ほどこしてある、


スペシャルメイドです。























3台目が、


「 BOMA : ボーマ COFY 2 」です。























カーボン繊維商社を前進とする、


「 ASKトレーデイング 」が、


2006年に設立した自転車事業部であり、


オリジナルブランドとして立ち上げた、


「 BOMA : 望馬 」に由来していて、


人馬一体の 優れた乗り心地を目指し、


台湾や中国の自社と提携工場を、


生かした生産ラインで、


高品質な自転車フレームを、


リーズナブルに提供しているブランドです。











カーボンフレームを、


より身近にした「コフィ」に、


精悍なモノトーンをまとった完成車であり、


エアロ効果の、


30mmセミディープリムホイールを採用して、


「快適なロングライドを楽しむ」をテーマに、


チューブにはアーチベント形状、


ステイにはS字ベント形状を採用して、


乗り心地と振動吸収性を、


最優先させた設計とし、


グラデーションキャンディレッドの、


透明感が美しいロードバイクです。






















工場内にて最新の、


EN対応振動試験機で、


検査を行い 同時に、


サポートライダーからの、


機械には表われない、


バイクやホイールの特性などの、


フィードバックを受け、


検討を重ねたモデルです。























4台目が、


「 Calamita : カラミタ  DUE : ドゥエ 」 です。





















トマジーニ(イタリアのハンドメイドフレームメーカー)や、


カザーティ(イタリアンロードバイクブランド)を、


輸入するアクションスポーツメーカーが、


「スチールバイクの魅力を、もっと日本に伝えたい!」 と、


生み出したブランドであり、


魅惑的なバイクを扱う企業だけに、


その ツボ を 押さえたラインナップを、


人々を惹きつける「 磁石 : カラミータ 」として、


モーターサイクルや自転車のパーツの、


開発と経験を活かして、


バイクを作るプロジェクトです。










非常に人気が高い、


クロモリロードバイク 「 CALAMITA DUE 」に、


2017より新しく、 


SORAシフトレバーとフロントメカを、


採用したモデルで、


バーテープ内にワイヤーを収納し、


より すっきりとしたハンドル周りに仕上げ、


SHIMANO SORA STIを搭載することで、


手元で簡単に変速操作が行えて、


より効率よく、 


スピーディに走れるバイクに仕上がり、


NITTO NEAT M186をハンドルに採用し、


グリップも向上、


サドル・グリップにブラックパーツを採用して、


統一して仕上げ、


振動吸収性に優れた、


クロモリフレームに、


カーボンフォークを使用し、


しなりを生かし、


バネのある走りを堪能できる走りは、


複合素材を使った仲間のバイクを、


「愉快に脅かす事ができる」と 言います。






















変速には、


SHIMANO SORAを使用して、


18段変速を搭載しており、


クランクに 50X34の、


コンパクトクランクセットを採用した、


乗る方の脚力を選ばない、


小気味良く効率よい走りが実現できる、


クロモリとカーボンのバイクです。























5台目が、


「 Khodaa Bloom : コーダブルーム 」の、


「  FARNA ULTIMATE : ファーナアルティメイト 」























日本の新興スポーツバイクブランドであり、


「カジュアル」


「口ハス」を、


テーマとして、


自転車だけでなく、


ウェアやアクセサリーも、


ラインナップしており、


バイシクルライフを、


トータルコーディネートしてくれて、


コスパが高い上に、


手の込んでいる、


グラフィックも魅力的な、


ブランドです。











FARNA ULTIMATE : ファーナアルティメイト は、


レースシーンで、


ライバル達を一瞬で追い抜くための、


究極の戦闘機としており、


フレームを、


T-800 カーボン を使用しており、


EPS製法によって、


剛性を高めながらも、


フレーム重量を 大きく削減・軽量化した、


日本人に最適化した、


究極の レーシングロードバイク と言います。






















BBセット、


ギアクランク、


チェーン、


F.ディレーラー、


R.ディレーラー、


シフター、


ブレーキセット、


ブレーキレバー、


ギア に おいて、


すべて SHIMANO に統一しており、


究極を求めたエアロフォルムとして、


電動コンポーネントに対応する、


ケーブルは、


すべてフレーム内に収められた、


無敵のロードバイクです。




















6台目が、


「 Panasonic : パナソニック ORTC11 」です。























松下電器 : パナソニック の、


創業者である 松下幸之助が、


青年期に、


自転車店で奉公していたことが、


始まり だと 言われており、


1952年に生産開始し、


その1990年代に、


ヨーロッパのロードレースチームに、


機材供給を行なって、 


技術を磨いた と 言われています。











基本的に、


短納期で手に入る、


オーナーの体型に合わせて、


オーダーするという、


Posシステムであり、


熟練した職人の手によって作られる、


フレームをベースとして、


毎年 自分専用自転車 を、


作ってくれるメーカーなのです。





















今年 2017年は、


フレーム素材が  チタン製 3D オプティマ で、


フレームサイズが  460㎜~610㎜


カラーバリエーション が 6種類 あり、


ハンドルバーが  日東の、  Φ31.8 で、


 ワイズ 320㎜・400㎜・420㎜  の 3サイズ    


サドルを  VELO の、  


一般的な ノーマル と、  


 ワイドブラック  クラシック の、


3種類 が あるなど、


手元に届くまで、  


4週間 から 6週間 という、


限りなく あなただけの宝物 を、


つくり続けてくれている ブランドの、


ロングセラー システム です。  























最後に、


「 RITEWAY : ライトウェイ 」の、


「 ソノマ アドベンチャー ツーリングバイク 」です。   























RITEWAY : ライトウェイ は、


日本人クリエイターが作り出した、


日本人の体型に合わせ、


日本人が乗りやすい自転車を追求する、


スポーツバイクブランドであり、


「 ヨーロッパのスポーツ文化を、日本にも広げたい 」


という 理念の下に、


「 誰にでも簡単に楽しめるバイク作り 」を、


モットーとして、


オフロードやシティ車 そして ロードバイクを、


幅広く自転車を取り扱うブランドです。










「 SONOMA ADVENTURE :ソノマ アドベンチャー 」 は、


本格的な、


長距離ツーリングに対応するため、


頑丈なスチールフレームを持つ、


ロードバイクであり、


ツーリングを考えたスペックは、


普段使いでも頼れる造りで、


重量      :  13.7 kg


フレームサイズ :  420 / 500


適応身長     :  420(150~165 cm) / 500(165~180 cm)

(これは 目安 ですので あくまでも参考としてください)


という、


あなたの生活の一部になるようにと、


作った 自転車 です。























「ママチャリでは物足りない。


でも、ハイエンドの自転車ではちょっとハードルが高い。」


「今よりももう少し自転車を楽しみたい」と、


思っている、 


ライトユーザーの為に作られたのが、


RITEWAY ライトウェイ ブランドの自転車であり、


日本人の フレームビルダーと、


デザイナーによって、


日本人の為に造られた、


ロードスバイクは、 乗り心地がよく、


様々なシーンや生活において、


溶け込んでいく 自転車 です。



























父に、


補助輪を外してもらっている時、


メチャクチャ! ドッキドキ!! でした!!!


その 直後に、


フツーに ぐんぐん 自転車で 走った 私をみて、


一番驚いていたのは、  


母 だった のを覚えています。  











当時の車体は もうありませんが、


新しい ながく 愛用できる 自転車を、


日本人の為に作られたもので、


新しく 手に入れたら、







また 新しい時間が ・・・・・・・・






・・・・・・・・ぬるい !?







思い出に浸ってしまった (゚д゚)!







・・・・・・・・ なにか !?




















150万って、高いのか安いのか?わからん!?Project Oneロードバイクね! [ゴッツ楽しそ!bicycle]

珈琲

最速で買いに行ける?






10月17日のクリテリウム、18日のロードレースとジャパンカップで連勝したトレック ファクトリーレーシング。

そのチームの選手が使用した、ロードバイクの実車をトレック・ジャパンが販売。

販売されるのは、ヤロスラフ・ポポヴィッチと、ローラン・ディディエが、日本のレースで駆った2台だ。

両選手は、10月18日のジャパンカップサイクルロードレース、10月24日のツール・ド・フランスさいたまクリテリウムに出場した。

バイクはトレックのカスタムプログラムである、Project Oneにより、両選手の出身国のカラーをイメージしてデザインされている。

トップチューブに、選手のサインしてくれている。

ポポヴィッチのバイクは、マドン9で、150万4000円の税込み。

ディディエの、エモンダは、152万5000円の税込みだ。






自転車ぁ・・・だよねぇ?

そー言っちゃあいけないの?

ファンにはたまらないのか?

でも

見るだけ見てみてーなぁ?

だいたいレースって何キロ走るの?

しかも、アスリートが駆るわけだから、すげーんだろーけど・・・?


俺の自転車の、パンクそろそろ直そ・・・。









ヤマハの、電動ロードバイクぅ・・・?なんとスマホが!? [ゴッツ楽しそ!bicycle]

すげー!

そんなこと出来んの!?





ヤマハ発動機は、電動アシスト・スポーツ自転車ブランドとなる、YPJワイピージェイを、新たに立ち上げた。

電動アシスト・ロードバイク、YPJ-R ワイピージェイアールを、第一弾として、2015年12月10日より発売すると発表。

新ブランドとなる、YPJは、スポーツ自転車の長所と電動アシスト機能のメリットを融合させた、新感覚の電動アシスト自転車を象徴するというもの。

新発売のロードバイクYPJ-Rは、軽さと高い走行性能を備えたことが特徴。

搭載されているドライブユニットは、プレジャーニーズの高い欧州市場で、好評を得ている小型の、PWシリーズを搭載している。

ヤマハ製の、電動アシスト自転車の中では最軽量となる、約15kgの車体重量を実現。

アシストのない領域でもスポーツ自転車としての快適な走行が可能な設計となっている。

メインコンポーネントには、前2段×後11段の本格スポーツグレードSHIMANO 105を採用。

新開発の小型バッテリーは、走行時以外には付属である、USBアダプターにより、スマートフォンなどの電子機器の充電用電源として使用することができる。

充電器は携行を想定し、コンパクト設計で、ハンドル中央部のスイッチユニットにはマイクロUSBポートを装備しており、別売のとなるライトや、スマートフォンなどの電子機器への給電が可能となっている。

発表されたデータによると、バッテリーの容量は2.4Ahで、約1時間の充電のHIGHモードで、約14kmの走行距離を、電動アシストする可能という。








マジっすか!?

携帯が充電出来んのか!?

やばい、メチャクチャ欲っしいーぞ!

14キロったら、どこまで行ける?

かなり考えるなぁ?

でも、高そうだなぁ・・・?


言っても自転車だぞ!?





欲しいわぁw











ゴッツ楽しそ!bicycle ブログトップ

これも書かせて頂いています。
  ↓  ↓  ↓  
原点を知って        本物を手にしてみませんか?
お時間ある時に、 覗いてみてください m(__)m

スポンサーリンク

























"


















RSS RSS1.0 | RSS2.0